• ゴールドカードとクラッシックカードの違いとその特徴そして歴史について

  • ゴールドカードと一般的なクラッシックカードの違いといえばより高いサービスが付帯されているクレジットカードであることです。 そしてその特徴としてゴールドという名の通り、カードの色はゴールドになります。またその利用限度額についてですが、 一般的なクレジットカードより利用限度額は高いことが多いです。

    さて、ゴールドカードを持つと、一般的なクレジットカードでは利用できないサービスを受けることができます。 しかし、カード申し込みには年齢や年収などで制限があります。でも最近ではサービスを一部省いたゴールドカードより年会費の安いゴールドカードがあったり、 年齢や年収に当てはまらなくてもゴールドカードが発行されるといったこともあります。後者についていえば、 年収が該当しなくても安定した収入があれば申し込めたり、年齢が該当しなくてもゴールドカードが発行されたりといった具合です。 また、基本的にゴールドカードは30歳以上とされていることから、20代向けのゴールドカードを発行されていることもあります。 これから分かるように年齢や収入の条件はあくまで目安にすぎないようです。例えば、国家公務員共済、私学共済などとの提携カードでは、 本来30歳以上発行のカードと同様のカードであっても、年齢に関係なく発行されているといったことがあるのです。 さて日本においての歴史といえば、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル日本支社が 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(アメックス)を1980年に発行したのがゴールドカードの始まりとなります。 それからその後他社も発行するようになったのです。

    [特集]
    ・一般的なクレジットカードの情報はこちらのサイトを参考にしてみてください・・・クレジットカード
    ・一般的なクレジットカードとゴールドカードの情報も掲載されている比較サイトです・・・クレジットカード比較サイト